本文へジャンプ
 
木目1


古事記の編集室
-安万侶と人麿たち-

 斎木 雲州 著
A5版 174ページ
定価 1857円税別
ISBN4-901596-09-1




〔内容紹介〕

 古事記は偽書だと、言われ続けて来た。それに対し、著者は偽書だと、断言する。
 日本書紀や旧事紀・扶桑略記と較べると、書かれた事件や説明が異なっている。
 古事記は史書ではなく、神話の書だと考えるのが妥当だと、筆者は説明する。



〔目次〕

第一章 明日香と近江

サララ姫の恋
天智帝と大津京
大友皇子の紐
壬申の乱


第三章 サララ姫皇后

大津皇子の最後
皇后と日並皇子
撰善言司の仕事


第五章 古事記と神話

帝紀と国生み神話
忌部子人と国造
国造果安と出雲神話


第七章 魏と和王の国交

都万王国と豊王国
豊玉姫と物部東征
九州の竜宮神話


第九章 物部王朝と石上

美知宇斯王と武内宿祢

第二章 天武帝の政治

浄御原京
帝紀の編集




第四章 不比等と記紀

吉野離宮と藤原京
太安万侶と出雲
人麿と舎人御子


第六章 ヤマト政権と内乱

磯城王朝と熊野勢
吉備王国と出雲戦争
大彦とモモソ姫


第八章 出雲王国と磯城王朝

東西出雲王国の滅亡
イコマ山地のイクメ王
サホ姫と豊来入姫


第十章 古事記と万葉集

人麿と安万侶
オウの杜と赤人神社





木目1